兄弟関係が結婚にまで影響する事例

 

出会い系サイトで出会った女性と順調に交際が進み、実際に会えるような仲にまでなりました。

そうすると、お互いに結婚を意識してくることもあることでしょう。

しかし、どんなにお互いがいい雰囲気になったとしても、女性が結婚を迷ってしまう場合があります。

それは、男性の兄弟にニート(無職)の人がいる場合です。

付き合っているのはあくまでもその人であり、兄弟までは関係ないように思いますが、結婚をすれば親戚関係になるのです。

もしかすると、男性の兄弟が働く意思を見せないことにより、経済的負担がコチラまで掛かって来たりすることもあるのです。

女性は男性よりも結婚を意識するとお金のことを考えます。そんな細かい所まで考えてしまうのです。

大抵の場合男性は「それはないよ。うちのお金はうちで使うよ」と言うのですが、そんなのわかりません。

兄弟の生活費だって段々には負担するようになるかも知れません。ニートということは、結婚も恐らく今のままではあり得ないでしょう。

そうなると親は先に亡くなるので、面倒を見れるのは兄弟夫婦しかいなくなるのです。

車いす

頑張って就職先を探しているのに見つからない場合と、探す気もないで家でダラダラしているのとは話が別です。

残念ながら、兄弟に働く意思のないニートがいる場合、恋人同士になれても結婚までゴールインするのは難しいと思って下さい。

出会い系サイトに限った話ではありませんが、結婚をしたいのであれば、兄弟を働くように説得をする必要があると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら