「出会いの確率」を高めるには?

 

出会う為にできる事街中で可愛い女の子やいい男が歩いていたり、すれ違ったりすると、異性の友達のいない人などは、「ああ、あんな人と一緒に歩きたい」「お話をしてみたい」と思う時があります。

しかし、なかなか簡単に声を掛けるの難しいものです。

こんな時に出会い系サイトを上手に使って、出会いのキッカケを作るのも方法の一つです。

ただ、出会い系を使えば必ずしも会えるというものでもありません。

出会い系サイトに登録して、真面目に出会い目的で利用しようとしても、実際にはなかなか出会えない人も大勢いるようです。

それでは、どうしたら会えるように成るか、どのような書き込みをすれば会う機会が訪れるのか、その辺りの出会うためのコツと言うか、書き方を幾つか並べてみたいと思います。

そして、どのような出会い系サイトなら会う確率が高いかを纏めてみましょう。

出会い系サイトの初めの一歩はサイトの選び方から

先ず、数種類もある出会い系サイトから優良なものを利用することが肝心です。

出会い系サイトには其々に特徴が有るようで、其の中にも優良なサイトが数種類あります。

これらはしょせん、優良サイトは大手の人気のサイトと言っても良いくらいで、多くの加入者、登録者が利用しています。

サイトの特徴を調べるには、口コミや評判、評価というものが必ずありますので、自分で冷静に判断して決めることです。

サイトが決まったら登録するための書き込みが有りますけど、其の中でも大切なのが自分を紹介する欄です。

プロフィールの作成

つまり、プロフィールの紹介しながら登録することになります。

プロフィールを登録するには自分の思いや性格を正直に、誠実な男、そして安全な男であることをアピールしましょう。

そして、出会い系をやっている目的をハッキリと書くことです。

もちろん、異性を求めることが主たる目的になりますが、この時は、時分の好きな物や趣味的なものといったものも良く、それも具体的には明るい雰囲気の野山の散歩とか漫才や落語が好きなので寄席の行くのが好きですとか、具体的に書くことです。

相手とのメールはかけひき

男女のかけひき

出会い系サイトを利用する準備が出来たら、掲示板に書き込んだり、メールやライン等でコミュニケーションを頻繁やりとりすることが大事です。

この時、適当に絵文字か顔文字を使うのもいいでしょうけど、ただし、余り使いすぎないことも大事です。

話が煮詰まってきたら、オープンな雰囲気を出しながら、会う理由や逢う機会をつくることです。

また、出会い系はサクラに悩ませれますが、こちらが誠実に対応していれば、自ずとサクラかどうかは見極めが付きます。

まず地元の話や地域の話をしてカマなどにひっかけるのも手です。サクラは詳しい事まで知りませんからね。また写真が一つしかない、美人すぎる写真なども怪しいので、そういった事も頭に入れましょう。

 

出会い系サイトで会えないのはなぜ?

出会い系で出会えてない人の特徴といえば、書き込むための出会い系サイトで、自然に振る舞えないことです。

例えば、日本人なのに日本語や文章、言葉、口調、漢字が書けないなど、文面自体が欠陥だらけで不自由だったりする人です。

それに、タメ語やギャル語などは相手に引かれてしまうのでやめましょう。

また、はっきりと「セフレ」を求めています、とか、ちょっとオーバーな表現や自分を妙に卑下したり、変に自慢したり、高慢ブッたり、あなたをリード出来ます、等の表現はいただけません。

人間でも若干、変わっていたり、自信が有るということは一概に事は悪い事ではないけれど。ただ出会い系ではあまりモテないのも事実でしょう。

出会い系では女性は特に注意しましょう

特に女性の人は、その手の変な男の人に絡まれて、嫌な思いをした事が何回も報告されています。

要は、実際に逢う場合も想定して、言葉じゃなくて態度であり、真面目であることを思わせることが大事であります。

具体的には、まともな人のプログだったり、まともな人のようにメッセージをやりとりすればいいのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら